<< Blogサービス「JUGEM」の正式版スタート | main | ライブドアがジェイ・リスティングを買収 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
今日は電車で・・・
今日の朝は超ブルーというか怒りだね!!

というのが、毎朝会社に行くために電車通勤してるわけだけど、
その朝の通勤電車で事件は起きた。
(普段で乗車率250%だと言われている怖い電車)

事件の始まりはホームに電車がやってきて電車に乗ろうとしたとき。
自分より後ろに並んでいた人たちが、超強引(はげしく強引)に前に並んでいる
私を押してドアに入ってきた。

しかし、私の前はもう限界!!!なほど人、人がいる。
普段より混んでいたし、しかも前には女性がいるし、もー無理。
(死んだよ)
それを超強引に入ってくるわけだから、その超強引な力は押した人に
跳ね返るわけよ(前が詰まっているから、いわゆる反作用が起きる)。

だが、後続は後を引かない。それでも超々強引に乗ってきた!!!
ある意味、見上げた根性である。

ゴトン、ゴトン(電車の音)。

そこで終われば良かったのだが、目的の駅で降車したときに、私の肩を
パンパンと叩いてくるオッサン(サラリーマンともいう)がいた。

「何事!!!」と思ったら、「お前、俺を乗せないようにしただろ!!」
「痛いんだよ腰が!!」などと、因縁をつけてきたのだ。。。

怖い世の中だ。だが、私はまだ若いので応戦するわけ。
「俺は会社行きたいの!!お前も早く会社行け!!」とか、
「強引に乗ってくるんだから、痛いのは当然だろ!!」とか、
言っちゃうわけよww

この後はご想像にお任せします(笑

因縁をつけてきたのは、35歳くらいのサラリーマンだったのだが、
頭が弱いのか、去り際に「今度会ったら覚えとけよ!!」なんていう、
アニメ/漫画で雑魚キャラが使うセリフを吐いて去って行きました。

あー疲れた。
疲れたので、明日は年休にしちゃいましたww

満員電車に良いことは何一つありません。

人気blogランキング
| 日記(雑記)新 | 23:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - |
コメント
どもども。いやー怖いですね。
僕も今日は満員電車に揺られてましたが、でっかい鞄を持って電車の奥の方に放り込まれて圧死寸前。
クーラーつけっぱで寝てて風邪気味だったせいもあって気持ち悪いし。
ついでに前には女の人が。
僕の手は鞄を持ってて(肩には掛けれない)手の甲がその人のヒップにくっついてる。
ここで痴漢だと間違われたどないしょーっと緊張の朝でしたよ。

stylesさんも大変でしたねぇ。
変なやつは適当にあしらいましょうよ。
って僕も言われたらふるさと広島の言葉で罵倒しますけどね。
えへっ
| BmCしゃちょー | 2004/07/09 12:02 AM |
圧死ですか・・・。
こわいこわいですな。

痴漢だと言われたら世の中から追放される可能性がありますから、今度は鞄を肩に担ぐぐらいのアピールが必要かもしれませんねww

もう争い事は嫌なので(笑)バイク通勤を計画していますよ。
| styles | 2004/07/09 10:24 AM |
都会は大変だぁ。2年ほどまえ、遊びで(一人で)初めて東京いきました(当方は九州の宮崎)。東京の友達と遊ぶためです。

4泊くらいだったんで、そこそこの荷物だったんですが何に驚いたって、ビルが乱立してることとか、「都会だなぁすげー」ってことより「人おおすぎっ!なにこれっ」でした。

どんなに小さい駅でも、必ず人が数百人くらいいるし^^;荷物がボストンバックにはいってたので、「邪魔だなぁ」と思われているようでちょといやでしたね。

遊ぶところや物を入手するのには便利な都会だけど、満員電車やヒートアイランド現象、騒音とか空気の悪さとか考えると田舎もいいのかなぁと考え直してしまいました。

満員は結構なれるらしいですが、それでも慣れないのは前に女性がいる場合でしょう^^;何を勘違いして自分が犯人にされたら、ほぼお終いですから○| ̄|_

そういうときって謝ったらいけないそうですねw
| presto | 2004/07/09 12:58 PM |
たしかに都会の弊害は多いですね。
でも、どんなにIT社会化が進んでもメリットは残ります。
それは人が多いこと。

人の繋がりがムーブメントを生み出しますから。
(いろいろな意味で)

しっかし、東京の家賃が高くて大変ですわ。
私のところは1DKで91000円ですからね。
Webでの副収入がないと生きていけません(笑)
| styles | 2004/07/09 7:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://styles.jugem.cc/trackback/184
トラックバック